2:情報収集術
  トップページ  
  基本操作  
   
ドラッグ&ドロップ
データの確認と終了
 
  情報アンテナを立てよう!!  
ツリーの作成
分類しながら収集
メモの入力
Web検索
  ランチャーは情報センター   
 
ランチャーの変形
バー表示
常駐
起動時の設定
 
   保存データの制限  
 
件数とデータ容量
ファイルの種類
 
  様々なデータ収集方法  
 
コピー&「収集」
コピーで自動取得
フォルダ内のファイル
 
  確認画面の編集  
 
画面の説明
フォントの変更
キーワード
出所について
URLの自動取得
 
  インポートとエクスポート  
 
インポート
エクスポート
 

 
情報収集術

この章の内容

この章では一瞬の情報収集機能を中心に、ThinkBookへの情報収集に関する様々な機能を説明します。


・基本操作
ThinkBookでは一瞬で欲しい情報を収集できます!!瞬時の簡単操作なので、スクラップ作業に要する時間的ロスがほとんどありません。

・情報アンテナを立てよう!!
普段から自分が必要としている情報の「テーマ」や「ジャンル」をできるだけ明確にしておき、溢れる情報の中から選別した上で情報を収集しましょう。

・ランチャーは情報センター
ThinkBookは、日々得られる情報やアイデアを有効活用するために、常にデスクトップに表示しておける情報センターともいえるツールです。

・保存データの制限
ThinkBookで使えるデータの種類や件数制限に関する説明です。

・様々なデータ収集方法
ThinkBookでは、ドラッグ&ドロップ以外の方法でもクリッピングができるようになっています。またローカルディスクのファイルを直接ドラッグ&ドロップ収集することもできます。

・確認画面の編集
確認画面上でデータ内容の編集や重要度、パターン、TITLE、出所、格納場所、キーワード、メモ等の付随情報の登録・変更ができます。

・インポートとエクスポート
CSV形式のデータのインポート・エクスポートができます。他のデータベースソフトなどとのデータの受け渡しに便利な機能です。

 

Copyright 2001 MediaPolice.,Co.Ltd